のさか歯科のこだわり

患者さんに「親しみやすく安心・安全な医療」を実現するための、当院のこだわりの一例です。


1.殺菌水システム(エピオス)
殺菌水システム(エピオス)当院で使用している、うがい水や治療中に使用する水は全てエピオス水(正式名称:電解殺菌水)と言い、バイ菌を瞬時に殺菌しつつも飲んでも安全な無味無臭の水です。院内感染の防止、夏場など雑菌が繁殖しやすい時期でも安全・清潔な水を確保することができます。


2.むし歯発見器(ダイアグノデント)
むし歯発見器(ダイアグノデント)むし歯の進行具合は、レントゲンや医師(または衛生士)の目視で判断するのが一般的です。しかし、これは見る医師によって判断に差が出てしまい削るか否かの判断も困難です。この発見器はレーザー光を歯に当てることで、むし歯の進行度合いが数値で示されますので目視による誤診を防ぎ、不要な治療を防ぐことができます。

3.口腔内カメラ(サパナ)
口腔内カメラ(サパナ)お口の中は自分で見ることが出来ません。「何をされているのか分からない」と不安をお持ちの患者さんも多いのではないでしょうか。当院ではサパナと言う小型カメラによって、患者さんが自身のお口の状態を直接見て確かめる事で、納得した治療が受けられます。

4.滅菌器(ケミクレーブ)
滅菌器(ケミクレーブ)診療で使用する器具は、全てケミクレーブと呼ばれる滅菌器で完全滅菌し、真空パックで保管。当然、お一人ごとに滅菌済みの器具を使用しています。

5.口腔内顕微鏡
お口の中にいるバイ菌の種類と量を、専門顕微鏡を用いて観察します。バイ菌の種類を把握することで、症状を正確に把握することで、効果的な除菌方法を選択することが可能になります。患者さん一人一人に適した除菌方法を選ぶ上で非常に重要な検査です。
≪主な歯周病菌の種類≫ 口腔内顕微鏡



今後も、より安心・安全な診療を実現するために取り組んで行きます。どうぞご期待ください。のさか歯科医院